【緊急受診】冬の子どものお肌の乾燥には注意!母タブーをやらかしました。

健康
Sponsored Link

本日の朝次男の指が白く変色して腫れていて急いで病院へ駆け込みました。

同じような症状の方の参考になればと思います。

Sponsored Link
Sponsored Link
 
★にこmamaチョイス★
まるでストッキングな極暖タイツ ロングコートでおしゃれ度UP♪ 入園・卒園上品フォーマル

次男の指に異変が!?

昨晩のお風呂上りに爪を切ろうと次男(1歳)の右手の親指を見ると爪との境目あたりの皮膚が白く変色していました。

指を挟んだ時の治りかけのような状態(3、4日経っているぐらいの)だったので、記憶を辿ってみたのですが私がいるときには指を挟んで泣くような事もなかったし・・もしかしたら保育園や旦那と遊んでる時に挟んで報告を受けてないだけかな?

指の痛みを訴えたり、様子が変わっている所もなかったのでしばらく様子を見る事にしました。

翌朝ものすごく腫れてきた!

次の日の朝、次男の指を確認すると確実に昨晩よりも酷くなっていました。
白く変色していた部分に膿が溜まってしまっているのがわかるぐらいぷっくりと膨れていてその周りの皮膚も赤くなっていました。

これは、やばそうだ。。。病院にすぐ行かなければ。

何科を受診すれば良いの?

病院に行くことは決めたものの、この時はまだ指を挟んでしまったと思い込んでいたので、骨の異常の可能性も否定できない。
整形外科でレントゲンを撮って貰うべき?それとも小児科?膿があるので皮膚科?

悩みながらまず長男だけ預けに保育園に行ったときに、担任の先生に次男の指をみせると即答で「皮膚科にいってください」と(^-^;

病院での処置

診察室に入って先生に診せると、
「だいぶ膿が溜まってますね。このまま放置していたらもっと酷くなっていましたよ。」
と言われました( ;∀;)

そして幹部を切って膿を出すことに。
(ある程度酷い状態になっていると組織が死んでいるので膿の部分を切開しても痛みは全く感じないそうです。)

次男は赤ちゃんの為切開中に動いたら危ないからと、ニッパーのようなものを使って切開をしました。
白く腫れあがっている膿の部分の皮膚をチョキチョキ切ると緑がかった膿が流れ出てきました。次男はまったく嫌がることもなく終始ケロッとしていました。そして最後に薬のついたガーゼを巻いてもらい、数分で無事に処置が終わりました。

原因は何だったの?

そして本題の原因が何だったのかというと。
親指の爪の横に出来たささくれを剥いてしまっていた事

母がやらかしてしまったのは、、、
ささくれが何度も気になると次男が訴えかけてきて出先だった事もあり、
自分の爪でピッと剥いてしまったのです。

ささくれを剥くのはついつい皆さんもやってしまった経験があると思いますが、その分傷口が大きくなってしまうのでばい菌が入り込みやすく危険だとの事です。

ささくれは必ずハサミを使って切るように!と先生に念押しされました。

切開後の指の様子

切開前の写真を撮り忘れてしまったので比較はしずらいですが、膿は綺麗に取り除くことが出来ました。親指の爪の境目が少し陥没しています。

周辺の赤い腫れは少し残っている状態です。

処方されたお薬

アクアチムという軟膏を処方され、朝晩の2回幹部に塗るように言われました。
症状が治まっても念の為数日は塗り続けた方が良いみたいです。

予防方法は?

ささくれは皮膚が乾燥している事によってできやすくなるので、細目に保湿をしてあげる事が大事です。
次男はちょうどよだれかぶれで『プロぺト』という保湿のお薬を使用中だったので、指にもこれをつかってOKとの事でした。

市販されているワセリンや赤ちゃん用のクリームもあるので常備しておくと安心ですね^^

まとめ

冬は乾燥の季節。暖房の中で生活する時間も長くなると大人だけではなく子どもも乾燥しやすくなるので私も保湿剤での子ども達のお肌のケアをしっかり実践していこうと思います。

そしてもしささくれが出来てしまった時には私の様にやらかしてしまわないように、くれぐれもご注意ください(^-^;

コメント